頭が痛くなる給与計算は専門業者に代行してもらうべき

女の人

組織を評価する仕組み

今までの企業における人事評価は、あくまで人が中心であったのですが、組織に着目することが広まってきています。組織の評価を数値化することを、モチベーションインデックスと呼び、多くの評価ポイントから、組織の改善策を明確にすることができるのです。

ウーマン

初めての複数税率

消費者にとっては嬉しい軽減税率の摘用ですが、食品を扱う企業にとっては少なからず費用負担が発生します。軽減税率の開始間際には対応依頼の集中が予測されるため、早いうちにレジメーカーやシステム会社に相談しましょう。

工数削減とリスク回避

メンズ

アウトソーシングの良さ

雇用形態が多様化すると給与計算の面倒さが生じます。様々な雇用形態の採用によりコストを削減することは可能ですが、それに対して給与計算の工数は比例して多くなります。しかも給与計算の工数は月末月初の限られた段階でしか生じません。このタイミングで遅れを発生させると給与支払い遅れなどの労務問題に発生する可能性があります。そのため、月末月初の繁忙時期に合わせて人員を調整して配置するなどの工夫が必要となるのです。他の時期に関しては余剰が発生することになり人件費の最適化を実現できなくなります。この状況を回避するために企業が積極的に導入しているのが代行サービスです。委託やアウトソーシングなどを用いて給与計算処理業務を他社にアウトソーシングするのです。工数をすべて外だしすることができるようになるのが代行サービスのメリットになります。そして代行サービスを営んでいる企業は、その需要に応じた人員配置を行っています。また専門知識を持っているスタッフを用意していますので、安心して業務を委託することができます。給与計算には、税金や保険などの費用計算も含まれます。これらを取り巻く環境は、法律改修などよって大きく変わる可能性があります。システムや知識を最新に更新するためには、それなりの工数がかかるのです。しかし代行サービスを利用することでこれらのリスクや心配も必要なくなるメリットがあるのです。そのため代行サービスには、人件費以外のメリットも多いのです。

計算する人

人事情報を統合管理

大半の企業では人事部門が社員の給与計算や諸手続きを担当しており、その業務は社員数が多いほど煩雑です。そうした業務を効率化させるため、まずは給与計算ソフトが多くの企業で普及してきました。給与計算ばかりでなくあらゆる社員情報の管理業務が統合された人事給与ソフトを導入すれば、戦略的人事にも活用できます。